ドクターマット

ずっと欲しかったドクターマット。

これは、元々は活力鍋などのアサヒ軽金属で働く社員のために、産業医が開発したもの。

私は今は2階のミニキッチンで料理している(義父母さんのご飯も作る場合でも)。
そこで、カウンターチェアを置いて座りながらクッキング。

ドクターマット購入は、まだまだ先の予定だったけど、布のキッチンマットを買い換えるときに、思いきって購入。

カウンターチェアと併用したいので、布のキッチンマットも小さいサイズのを買い、ドクターマットは1番小さい「スポット」というサイズを買うことに。

ただ、「スポット」は1色しかなく(油汚れにも強いタイプもあったけど、このサイズはない) 迷っだ挙句買ったら、買った翌日に届いたパンフレットに、ちょうどシステムキッチンと同じような色(マスタード)が限定発売されたと。
しかも、ディズニー柄で、「スポット」はドナルド

なので、先に買ったものは洗面台で使うことにして、キッチン用に再度購入。


洗面台
画像


キッチン
画像


仕事がずっと立ち仕事だし、運動不足で体力ないので、当然 カウンターチェアに座ってやるのが楽だけど、
普通に立つよりドクターマットはふわふわしていて踏みごごちがいい。

2階はタイルカーペットをずっと敷いててスリッパを脱ぐことにしてるけど、裸足でドクターマットにのると、汗でベトベト感があるから靴下履いてのる方がいいね。